ストレスから来る不眠症

Site Orders

ストレスあれこれ ストレス対策・対処法へようこそ!

当サイトはRSS(フィード)に対応しています。
RSSリーダーに登録すると、自動的に最新情報を受け取る事が出来ます。

とても便利ですので、ぜひ、RSSリーダーにご登録ください。

My Yahoo!に追加
My Yahoo!のRSSリーダーについて

ストレスから来る不眠症

快食・快眠・快便の三つは、
健康の条件としてよく使われる言葉ですが、
中でも、一日の1/3の時間を占めている睡眠は、
一日の疲れを取り、明日のエネルギーを蓄える
とても重要な時間でもあるわけです。

現代のストレス社会では、
人口の約20%が不眠に悩んでいると言われています。

不眠症には以下のタイプが有ります。
・入眠障害
寝つきが悪く、寝なければと思うほど眠れなくなりますが、
寝付いてしまうと朝までぐっすり眠れる一般的なタイプで、
翌日の行事などが不安でストレスとなって眠れないタイプです。

・熟眠障害
眠りが浅く、夢ばかりみて寝た気がしないと言うタイプで、
老人や慢性的なストレス状態で多く見られます。

・早朝覚醒
早朝目が覚めその後眠れないなど、高齢者に多く見られますが、
就寝が早いだけで、睡眠の全体量は足りている場合も有ります。
うつ状態では早朝目が覚めて気分が不快というのが特徴の様です。

この様に多くの場合、仕事に対する重い責任や、
緊張状態、生活リズム・生活習慣の変化などの、
社会的ストレスに対する反応として、
人によっては不眠症と言う形であらわれます。

≪ ひとつ前の記事を読む このカテゴリのトップへ

次の記事を読む ≫ このサイトのトップページへ

Categorie Other Links

Head Line

space
sideimg
space
space
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO対策