強迫性障害

Site Orders

ストレスあれこれ ストレス対策・対処法へようこそ!

当サイトはRSS(フィード)に対応しています。
RSSリーダーに登録すると、自動的に最新情報を受け取る事が出来ます。

とても便利ですので、ぜひ、RSSリーダーにご登録ください。

My Yahoo!に追加
My Yahoo!のRSSリーダーについて

強迫性障害

強迫性障害には、強迫観念強迫行為があります。

強迫性障害とは、例えば就寝時などに
玄関のカギをちゃんと掛けたのかどうか、
ガスの元栓を閉めたのかどうかを
何回も確認すると言うものです。

日常誰もが行っているような事ですが、
それを何十回も確認しないと気がすまない様になると、
社会生活に支障をきたすようになり、治療が必要になります。

「強迫」のなかの強迫観念とは、
同じ考えが何回も何回も頭に浮かび繰り返すもので、
「今晩泥棒に入られたら・・・」とか
「渋滞にはまってトイレに行けなかったら・・・」など、
悪い事を考えてしまいそれに悩まされるようになります。

一方の強迫行為とは、
洗っても洗ってもまた手を洗う、火の元や戸締りを何回も確認するなど
一時間以上も同じことを繰り返して次に進めなくなるような場合です。

強迫性障害の人は、自分が起した行動を記憶はしているものの、
それを思い出す事が困難になっている状態だと言われています。
それによって、何回も同じ行動を繰り返すようになってしまう訳です。

以上のような事により社会生活に支障をきたしている場合に、
強迫性障害と判断されます。
関連する病気としては、摂食障害アルコール依存症などがあり、
自分でも良くない事と解っていても、同じ行動を繰り返し
コントロール出来なくなっている状態です。

≪ ひとつ前の記事を読む このカテゴリのトップへ

次の記事を読む ≫ このサイトのトップページへ

Categorie Other Links

Head Line

space
sideimg
space
space
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO対策