適応障害

Site Orders

ストレスあれこれ ストレス対策・対処法へようこそ!

当サイトはRSS(フィード)に対応しています。
RSSリーダーに登録すると、自動的に最新情報を受け取る事が出来ます。

とても便利ですので、ぜひ、RSSリーダーにご登録ください。

My Yahoo!に追加
My Yahoo!のRSSリーダーについて

適応障害

適応障害とは、置かれている社会環境に適応できず
心身の症状が表れて社会生活に支障をきたすような状態です。

新しい環境に適応しようと、苦労や工夫をする事は
誰にでも良くある事ではないでしょうか?
家庭・学校・会社など、
人の置かれている環境は様々に変化するものですが、
その環境にうまく適応出来なくなると、
離婚・登校拒否・職場不適応などと言った形であらわれます。

社会的ストレスに適応しようと、
ストレス反応(心理、行動、身体などの反応)が生じるのは、
人が生きて行く上では必要な事(反応)ですが、
受けているストレス(環境要因)が過剰で長期にわたる場合や、
そのストレスに対して過敏(個人要因)である場合に、
そのバランスが崩れて様々な障害をきたす様になります。

適応障害の症状は、
情緒的症状(不安・焦り・過敏・混乱など)
身体症状(不眠・食用不振・頭痛・肩こりなど)
問題行動(遅刻・欠勤・飲み過ぎ・ギャンブル中毒など)
があり、次第に対人関係や仕事などにも支障をきたし、
引きこもってうつ状態になってしまいます。

適応障害は主な症状によって以下のタイプ分類されています。
・不安、心配、いらいらなどを伴う適応障害
・抑うつ、涙もろい、希望が無いなどを伴う適応障害
・問題行動、社会的規則に対する違反行為などを伴う適応障害
・不安、抑うつと行為障害の両方(上の三つ)を伴う適応障害
・頭痛、不眠などの身体症状を伴う適応障害
引きこもりを伴う適応障害

適応障害の対処法

≪ ひとつ前の記事を読む このカテゴリのトップへ

次の記事を読む ≫ このサイトのトップページへ

Categorie Other Links

Head Line

space
sideimg
space
space
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO対策