PTSD(外傷後ストレス障害)

Site Orders

ストレスあれこれ ストレス対策・対処法へようこそ!

当サイトはRSS(フィード)に対応しています。
RSSリーダーに登録すると、自動的に最新情報を受け取る事が出来ます。

とても便利ですので、ぜひ、RSSリーダーにご登録ください。

My Yahoo!に追加
My Yahoo!のRSSリーダーについて

PTSD(外傷後ストレス障害)

PTSD外傷後ストレス障害)が注目を集めるようになったのは、
1995年の阪神大震災や地下鉄サリン事件あたりからです。

災害や事件の後などによく話題になるPTSDとは、
脅威的な出来事を経験した後に長い間続く心身の病的な反応で、
そのときの出来事をありありと思い出す、
“フラッシュバック”や“悪夢”が特徴の様です。

直接自分が経験していなくても、「悲惨な現場を目撃した事」などが、
PTSDの原因になることもあるようです。

通常私たちは、そのような経験をしても時間とともに記憶は薄れ、
心身の反応も落ち着きますが、ショックが大きすぎる時や、
ストレスに対する過敏性が強いときなどに精神的障害を残すことがあります。
また、自我が未発達な幼児などでも同様のようです。

フラッシュバックや心理的苦痛、睡眠障害・過度の警戒心などは、
心的外傷後数ヶ月から数年間続くようです。

PTSDの対処法

≪ ひとつ前の記事を読む このカテゴリのトップへ

次の記事を読む ≫ このサイトのトップページへ

Categorie Other Links

Head Line

space
sideimg
space
space
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO対策